伊勢志摩/安乗岬 料理民宿海幸(かいこう)瓦版(ホームページ)へようこそ!!

民宿 海幸:伊勢志摩 安乗 :伊勢海老 あのりふぐ あわび 宝彩えびなどの料理紹介、伊勢志摩の観光案内など

料理 民宿 海幸(かいこう) 瓦 版  発行 平成24年


【若女将と善八くん】
◎テレビ・クーラー・お茶セット・浴衣・タオル・ハブラシ ◎和室8畳海の見える部屋=4部屋 ◎和室6畳海の見えない部屋=4部屋 ◎大広間・・・30畳・30名様収容 ◎駐車場 10台 ◎チェックイン15時 ◎チェックアウト10時

【館内写真】
当館の前は海です。水着のまま泳ぎに行こう。窓を開ければすぐ前は海!!2階のお部屋から見える当館前の海岸です 太平洋がオーシャンビュー落ち着いた雰囲気の和室は8畳でゆったりできます。大人数での宴会ができる大広間もあります。また昼食・夕食のみの団体様もご利用できます。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。家族風呂ですが旅の疲れをゆっくり癒してください。普通のお風呂より一回り大きなお風呂です。グループ、仲間やご家族でお入り下さい。

【料理民宿 海幸一同】
海幸の庭、朝日を望む宿、安乗の温かな出会いを大切に育む場所です。伊勢志摩安乗岬に素朴な心を大切に笑顔が自慢の大将と女将がお待ちしております。窓を開ければすぐ前は海!新鮮な海の幸やオリジナルメニューで自慢の料理をぜひどうぞ。夏は目の前すぐの海水浴へ水着のままOK。大将は若い頃、県外のホテルの調理場で修行の後、地元安乗に戻って海の真ん前で民宿を開きました。家族全員でいつもお客様に満足していただけるサービスを話し合って民宿業を営なんでおります。伊勢志摩の旅行をお考えでしたら、ぜひ当館をご利用下さいませ。

【外観写真】
 料理民宿海幸(かいこう) 代表者◎橋爪 喜佐男(はじづめきさお) ◎三重県志摩市阿児町安乗岬 ◎電話 〇五九九(四七)四一二二 ◎FAX〇五九九(四七)三二七三

【善八くん紹介=動画】


【お風呂)】


【お部屋の紹介=動画】


【善八くん紹介=動画】


【焼貝調理中】


【鯛姿造り調理中】


【鯛・サザエ・アワビ・伊勢海老】


【サザエ・アワビ・ヒオウギ貝】

 

お品書き ①焼き牡蠣 ②牡蠣フライ ③牡蠣コキール ④牡蠣鍋⑤伊勢海老お造り ⑥煮魚 ⑦酢の物 ⑧一品刺身⑨デザート



お品書き ①旬の酢の物 ②旬の一品刺身 ③伊勢海老姿造り ④焼貝(サザエ・大アサリ・バタ貝) ⑤旬の煮魚 ⑥天婦羅 ⑦伊勢海老の赤出汁 ⑧御飯⑨香の物⑩フルーツ

お品書き ①旬の酢の物 ②旬の一品刺身 ③あわび姿造り ④焼貝(サザエ・大アサリ・バタ貝) ⑤旬の煮魚 ⑥天婦羅 ⑦伊勢海老の赤出汁 ⑧御飯⑨香の物⑩フルーツ

プラン内容海の見えるお部屋と海の見えないお部屋ともに平日4000円~ 遅くまで遊んでからチェックインしても大丈夫。22:00までOK。 翌日は朝食付きです。

プラン内容 海の見えるお部屋と海の見えないお部屋ともに平日3500円~ 遅くまで遊んでからチェックインしても大丈夫。22:00までOK。
  

 

あわび・焼貝など


伊勢海老姿造り


あわび姿造り


あわび踊り焼き


アワビ踊り焼き


伊勢海老の赤出汁


天婦羅


大アサリ・サザエ


大アサリ・さざえ


煮魚


伊勢海老のミソも絶品


フルーツ


たこ造り


旬の一品刺身


特別コース料理


 
 





  女将さんや娘さんも明るく楽しく。アットホームな民宿です。 昨年はホームページから予約しましたが、民宿海幸さんのよさをクチコミで紹介したいので、じゃらんネットから予約しました。 一言で言うと料理が一品一品にこだわりがあり、ゆっくりと食事ができ田舎の実家に帰ってきた感じがする、最も癒される民宿です。 夕食には大変満足しましたが、施設があまりにも老朽化していると思いました。 また、トイレが和式しかなく、子供が利用するのに苦労しました。 お部屋や設備、お風呂の分を全て料理内容で補えるほど申し分なしでした。 春休みに家族で志摩スペイン村に行ったときに泊まりました。 地震の影響もあると思いますが、ほかの客はなく、うちの家族だけの宿泊でした。 前日の予約だったにもかかわらず、宿泊の確認の連絡や当日の食事など満足の旅行でした。 宿の方もみなさん温かい対応をしてくれました。 阿児の松原海水浴場へボディボードをしに行く際に使用させて頂きました。 タクシーが呼んでも来ないと言うトラブルに、快く送迎に来て頂いてとても助かりました。 ご飯も美味しく、お風呂やお部屋も清潔にされていて、1日泳いだ疲れもとれました。 裏の灯台は朝の散歩にぴったりで最高でした。 又機会が有ればお願いします。
        
        

【志摩スペイン村】
近畿日本鉄道が「三重サンベルトゾーン」構想で開発した施設で、テーマパーク「パルケエスパーニャ」を中核施設に、ホテル志摩スペイン村、天然温泉「ひまわりの湯」の3施設で構成されている。「パルケエスパーニャ」はスペインのいいところがたっぷりつまったテーマパーク。お客様参加型のエンターテイメントショーや、本格的なスペイングルメ、絶叫系から、ほのぼの系までと充実のアトラクションなどパルケエスパーニャならではのお楽しみが盛りだくさんです。

【横山展望台】
複雑に入り組んだ海岸線と大小さまざまな数多くの島々、その間をぬうように横たわる海にも養殖真珠の筏が並び、さながら絣模様のように見える英虜湾の絶景が眺められる展望台。標高203mの山頂上付近に第1~第3までの展望台があり、それぞれ遊歩道でつながれている。隣接して「創造の森横山」があり、初夏のショウブ園や自然観察の森が人気だ。横山の登り口には横山ビジターセンターがあり、伊勢志摩国立公園の動植物の紹介をしている。山頂までは約20分。

【志摩マリンランド】
伊勢志摩国立公園の賢島にある水族館。古代生物アンモナイトをかたどった建物には約450種7000点の水生生物が飼育展示されている。必見は「古代水族館」。生きた化石ともいわれるカブトガニやオウムガイの現在の姿と太古の化石を比較するなど、地球と生物の歴史を紹介する展示内容は興味深い。そのほか、眺めているだけで癒される人気もののマンボウ、カンパチが回遊する大回遊水槽、5種約50羽のペンギンたちなど見どころ満載。

【安乗崎灯台】
太平洋に突き出した安乗岬に建つ安乗埼灯台は灯台の父といわれるR.H.ブラントンの指導により建てられた灯台で明治6年に初点灯した。以前のものは木造八角形だったが、その基盤が海食により崩落し昭和24年に現在の高さ12.7mの四角形コンクリート製に建て替えられた(初代の灯台は東京都江東区の「船の科学館」に保存)。安乗岬には、1681(延宝9)年当時、菜種油を燃やす狼煙台が造られていたというからその重要性は高い。映画『喜びも悲しみも幾年月』の舞台にもなった場所だ。

【伊勢安土桃山文化村】
時代考証に基づいて再現された5層7階建て金色の安土城が目印。村内はこの安土城のある「城郭の里」のほか、「忍者の里」と「領民の里」に分かれ、戦国時代の歴史や文化を身近に体験できる施設を揃えている。熟練した俳優たちが迫真の演技で迫るシリアスなものから吉本興業の芸人が出演し笑いの渦に包まれるものまで多彩な劇が行なわれる5つの劇場、11の仕掛けをクリアして抜け出す忍者からくり迷路などの遊技施設、商業施設である楽市・楽座、さらに数多くの展示施設もある。

【伊勢神宮】
伊勢市駅からほど近い市街地にありながら、神宮杉に囲まれた神域は静寂に包まれている。天照大御神(アマテラスオオミカミ)の食事を司る神の豊受大御神(トヨウケオオミカミ)が外宮の祭神。食を始めとするすべての産業の守り神としてあがめられている。古来、神宮の参拝は、外宮から先に行うのが正式とされてきた。建物や神事はほとんど内宮と同様だが、あくまでも伊勢神宮の中心は内宮。勾玉池では5~6月に花菖蒲が美しい。

【鳥羽水族館】
約850種2万点の海の生物を飼育している世界でも屈指の水族館。テーマごと11のゾーンに分けられた館内は、決まった順序がなく自由に観覧できるのも嬉しい。波の寄せる断崖にアシカやアザラシが自然のままにすごす「海獣の王国」、右も左も天井も水槽で海中にいるような「コーラルリーフダイビング」、人魚伝説のモデルジュゴンが2頭泳ぐ「人魚の海」など、どのゾーンも見ごたえ十分。もちろん愉快なアシカショーも必見

【合歓の郷】
英虞湾に面した100万坪の総合リゾート施設。カヌーやセイルボートなどのマリンスポーツからゴルフ・テニス・アーチェリーなどのフィールドプレイ、「アクアパーク」などのスポーツ施設、温泉館「夢の舎」などが整備され、一日では遊びきれないリゾートパーク。スポーツ、音楽、宿泊の3ゾーンがあり、各ゾーンには多種多様な施設を周遊バス、自転車、ランドカーなどで移動できる。

  当館の提携船(幸盛丸) 初心者大歓迎です。
親切に指導いたします。
詳細は釣船幸盛丸ホームページへ

 
 
発行元
料理民宿 海幸(かいこう)

制作・企画・管理
えぶりしんぐ



****































かわら版風WEB作成えぶりしんぐ